最新情報 rss
2016年08月23日(火) 介護施設のセキュリティ対策
近年、介護施設を狙った犯罪が多発しており、防犯対策の手薄さが問題になっています。防犯カメラを導入することで、施設全体の安全確保のほか、業務負荷軽減につながるシステムをご提案いたします。
介護施設への導入の重要なポイント
□ 利用者・スタッフの安全を守りたい。
□ 施設のコンプライアンス強化と証明。
□ 施設内外の人の動きを監視したい。
□ 不審者を威嚇・撃退したい。
□ 備品や貴重品の盗難などを防ぎたい。
□ 事故や事件が起こった時の証拠映像を残したい。
□ 入居者同士のトラブルに困っている。

不審者への威嚇
 
不審者の侵入・いたずら・盗難防止に活用。
不特定多数の出入りを記録
 
利用者の記録のほか、徘徊・離設にも迅速に対応。
死角をカバー
 
目の届きにくい廊下や階段なども、離れた場所で鮮明に監視。
マネジメント教育
 入居者に接する様子を録画し、人材教育やクレーム対策に活用。

御見積無料
 弊社では、お客様のご要望に応じたご予算、セキュリティシステムのご提案をいたします。
お求めやすい価格で行っています。是非、この機会にご検討ください。
取り扱いメーカー        
パナソニック監視・防犯システム マザーツール グランアイ 竹中エンジニアリング NSS 塚本無線