最新情報 rss
2016年04月09日(土) 放火監視センサー[ピコアイ]・炎センサーの設置を・・・
2015年の火災統計によると、全国の火災件数は、48,028件。
火災による死者は、1,616人。
火災の原因は、「放火」が5,033件で全火災の10.5%を占めた。

「放火」による火災は、いつどこで起こるか分からず、
とても危険です。

放火監視センサー[ピコアイ]は屋内に設置。
3cmの炎を5m先にて瞬時に検知し、音声で知らせます。
火災になってから発報することはなく、小さな炎が出た瞬間に
作動し、確実に警報します。

炎センサーは、屋外に設置可能。
炎の発生から約3秒で検知します。
サイレン・フラッシュ受信機と組み合わせて、炎を検知し即威嚇を与えることが可能です。
また自動通報装置により、出先に自動で炎を検知したことを音声で通報することも可能です。
そのため、燃え広がる前に初期消火が可能です。

詳しくはこちらへ
取り扱いメーカー        
パナソニック監視・防犯システム マザーツール グランアイ 竹中エンジニアリング NSS 塚本無線