安全ガイド


暮らしと安全のために、犯罪を知る!防ぐ!

侵入をあきらめさせる

防犯対策として、監視カメラの導入がもっとも効果が高いとされています。
高い威嚇効果が期待できる
ドロボーは、人に見られることを最も嫌います。監視カメラが付いていると「見られているかも知れない」そして、「もう既に自分が録画されているかも知れない」・・・と、恐怖感がでてきて犯行をあきらめる大きな要素となります。
それでも、もし事件が起きてしまったら・・
監視カメラは通常DVR(デジタルレコーダー)に映像を録画します。もし、空き巣狙いなどの事件が発生した場合、録画した映像が犯人の早期逮捕につながり、後の証拠・検証に役立ちます。
監視カメラは、犯罪の証拠を取るためだけではありません。
空き巣や強盗などの犯罪者は必ず下見をします。家族の留守中に家の外周をうろついたりする者や、玄関チャイムをいたずらしたりする者がDVRに録画されていたり、無言電話がかかってきたりしたら、その時点で対策を立てることも必要です。
監視カメラのさらに有効な使い方として、毎日便利に使えるシステムにすることです。
インターホンや、玄関チャイムは来訪者がボタンを押さない限り、来客の確認はできません。
来客者の車を事前にセンサーで チェックしたり、来訪者が門や玄関に近づいたのをセンサーでチェックし、家にいる家族に事前にチャイム等で知らせます。来訪者がインターホンや、玄関チャ イムのボタンを押す前に来訪者が誰であるかをモニター映像により、「宅急便」であったり、「家族の帰宅」であったり、「全く知らない来訪者」であったりを 確認でき、安心できる来訪者かどうか早目の対応を取ることができます。
このように、安心便利システムとして毎日便利に有効活用することができます。

防犯センサーによる、外周警備システム

敷地内外周に設置した赤外線センサーが侵入者を検知します。
窓や玄関、裏の通用口に近づいた侵入者を検知します。

これらの侵入者を検知した場合

  1. 家人が在宅であれば、家の中のチャイムを鳴らします。
  2. システムが留守番モードにセットされていれば、検知信号を携帯電話に送ります(複数の携帯電話に送ることができます)。
  3. 実際に侵入している者が泥棒なのか、商店の配達なのか、家人なのか・・・家にいれば、モニター画面で確認できますし、留守番モードであれば、携帯電話の動画映像で状況を確認することができます。

早期に発見し、威嚇撃退する

敷地内に入った時点で即、侵入者を検知し、威嚇し犯行を諦めさせます。 泥棒は特に「光」「音」を嫌います。

「防犯センサー付ライト」を取り付ける。

センサー付ライトは人が近づくと自動的に点灯します。家の裏の勝手口や掃き出し窓の外側に付けると効果的です。また、夜間、家人が屋外に出る時も便利です。

「センサー付スピーカー」を取り付ける。

センサー付スピーカーは侵入または人が近づくとあらかじめ決めておいたアラーム音や音声を大音量でしゃべり犯人を威嚇撃退します。

侵入者を検知するセンサーは監視カメラ(コンビネーションカメラ)と連動させ、監視カメラを侵入者を検知したセンサー方向に向け、確実に侵入者を録画記録することもできます。


侵入されにくい建物部品にする

犯人が侵入しようとした場合、ドアや窓のロックの解除や破壊に要する時間が、犯罪者の心理としては5分以上かかるとあせりだします。したがって、建物部品が5分以上持ちこたえることができると、侵入の7割が防げることになります。

「CPマーク」付きの防犯性能の高い建物部品を使う。

「防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議」では、防犯性能試験にもとづき、侵入までに5分を要するなど、一定の防犯性能があると評価した建物部品を「防犯性能の高い建物部品目録」に掲載しています。

これらの建物部品には「CPマーク」の表示があります。

特に建物の新築の場合におすすめです。ハウスメーカーに「CPマーク」付きの建物部品を使用するよう指示してください。

既存の住宅でも「CPマーク」付きの建物部品を使用する「防犯リフォーム」をすることもできます。

ガラス破り対策に防犯ガラスに交換する。

「CPマーク」付きの防犯ガラスに交換すれば、一番良いと思いますが予算的に無理な場合は、既存の窓(クレセント錠周囲)に貼るだけでガラス面を強化できる「プロテクトフィルム」の使用もお進めです。フィルムの厚みにより、防犯性能に差があります。

ドアや錠のリフォームをする。

ドアや錠を防犯性の高い、「防犯建物部品」に交換する。

ワンドア・ツーロックの考え方で補助錠を取り付け、解錠に手間取るようにします。侵入に10分もかかると、侵入盗は諦めるケースが多くなります。

窓のクレセント錠には防犯性の高いものを使用する。

クレセント自体に鍵がかかる構造のものを使用することで、窓ガラスを破っても、簡単には侵入できないようにします。

★さらに窓のサッシには補助錠を上下に取り付けます。補助錠は簡単に取り付けられ、侵入に対して大きな効果を発揮します。

ドアや窓に、さらに室内に「防犯センサー」を取り付ける。

「防犯センサー」の種類として次のものがあります。

1. マグネット式センサー

戸と框に取り付け、戸や扉を開けられたことを感知します。

2. ガラス破壊センサー

窓ガラスなどが割られたことを音や振動で感知します。

3. パッシブセンサー

人体から発する熱を検知して、室内に侵入盗が入ったことを感知します。

これらの「防犯センサー」の信号は、サイレンや、スピーカー、威嚇照明などを作動させ侵入犯を撃退させます。また、侵入があったことを、外出中の家人の携帯電話にメール通報します。



取り扱いメーカー        
パナソニック監視・防犯システム マザーツール グランアイ 竹中エンジニアリング NSS 塚本無線